スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尾野真千子(オノマチ)さんの次回主演作^^
2012年04月04日 (水) | 編集 |



女優の尾野真千子(30)が、6月スタートのWOWOW連続ドラマ「マグマ」(日曜・後10時)で主演することが20日、分かった。ヒロインを務めた11年度後期のNHK連続テレビ小説「カーネーション」(月~土・前8時)以降、CMなどを除くと“初仕事”。朝ドラでは洋裁に人生をかけるヒロイン・糸子を熱演した尾野が、今回は社会派ドラマに挑戦。地熱発電に情熱を燃やすキャリアウーマンを演じる。

 「カーネーション」では、小気味いい岸和田弁とおおらかなキャラクターで、ナニワのヒロイン・糸子を熱演。朝ドラとはイメージをガラリと変え、社会派ドラマで新たなスタートを切る尾野は「あまり演じたことのない役なので、今までの経験を生かし頑張りたい」と意欲を燃やす。

 「マグマ」は、ドラマ、映画化もされた「ハゲタカ」の著者・真山仁氏の同名小説が原作。尾野が演じるのは、外資系企業のキャリアウーマン・妙子。地熱エネルギー(火山活動による水蒸気を利用する発電方法)の開発会社の再建を任され、現・社長の谷原章介(39)、研究者の長塚京三(66)らと奮闘。ファンドマネジャーから女社長へ成長し、地熱を守っていく。震災に伴う福島第1原発事故以降、代替エネルギーが見直されており、日本人にとっても関心の高い題材だ。

 WOWOWにとっても尾野は欠かせない存在になりつつある。09年の「空飛ぶタイヤ」から4年連続で同局への出演。主演での凱旋に尾野は「『空飛ぶタイヤ』のスタッフたちとまたご一緒できることがとてもうれしく、楽しみです。大好きなこの枠で、主役という形で参加できることに、今からとても身が引き締まる思いです」と力を込めた。

 「空飛ぶ―」など2作品でタッグを組んだ青木泰憲プロデューサーも尾野の女優力に信頼を寄せる。「エネルギーという壮大なテーマでありながらも、尾野さんが演じることによって、きっと身近な問題に感じさせてくれるだろう。いつしか彼女に感情移入して、グッと引き込まれるに違いないからだ」と話す。

 3月から朝ドラヒロインは晩年の夏木マリ(59)にバトンタッチしたが、尾野の糸子を惜しむ声も多かった。朝ドラ後“初仕事”で、再び新たな魅力を見せてくれそうだ。石黒賢(46)、釈由美子(33)らが共演。



よっちゃん@祭り人間さんに

教えていただきました〜 usagi.gif



必見です!! hiyo_en2.gif








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。